ステーキ 美味しい肉

ステーキ肉の買い方には、ちょっとしたコツがあります。

さて、いよいよステーキ肉を買いましょう。……となった段階で、ふと、今までのスーパーでの
買い方とは違うことに、気付いて欲しいのです。

 

ステーキ肉は、扱いが難しいものでもあります。特に焼き加減です。
普通、バラ肉などをスーパーで買うときには、グラムで買いますよね? パッケージに表示があって。

 

ですがステーキ肉を買うときには、厚さを指定して買いましょう。

 

答えは簡単。
自分がステーキを焼くときに、どれくらいの厚さのものが欲しいか、
というところからの逆算です。

 

 

例えばフィレ肉であれば、結構分厚く切ってもらっても、
結構じっくり焼いて調理することになるので問題はありません。

 

一方で、サーロインステーキなどでは、あまり時間を掛けません。
一気に焼きます。
その時にあまり分厚いと、思いっきりレアに仕上がってしまい、味を損ねます

 

詳しいことは焼き方の項で。

 

一応ポイントだけ言っておくと、脂身の少ないフィレ肉は、少しレア気味でも味は良いです。
(但し、歯が悪いなどでフィレ肉を選んだ場合は、ミディアムにしないと噛みきれないです)

 

しかしサシの多い肉、サーロインなどは、ある程度加熱して「脂が溶ける」くらいでないと、
真の美味しさが発揮されません。肉の部位にあった調理法、というのがあるのです。

 

厚さの指定は、別にセンチ数を厳密に伝える必要なんて全然ありません。
指の第1関節まで立てて、「このくらい」とか、そんなアバウトな伝え方でも、肉屋さんはその位は心得ています。

 

但しこの注文方法の弱点は、重さが分かりづらい、ということです。イコール、
価格が分からない。予算が天井知らずの場合は良いですが、予算が決まっている場合
厚さではなく「予算」で切ってもらいましょう。

 

その際、外の脂身は要らないなどと伝えると、実質食べられる分量が予算そのままで増えます。

 

脂身好きの人は、切らないで、と伝えておかないと、勝手に切られてしまうことが
ままあるので、注文の際に一言を。

広告

買い方の秘訣関連ページ

まずは店舗選びから
美味しいステーキになるかならないかは、買う段階で8割決まっていると言っても過言ではありません。ステーキ肉の選び方を知りましょう!
肉の等級と部位
美味しいステーキになるかならないかは、買う段階で8割決まっていると言っても過言ではありません。ステーキ肉の選び方を知りましょう!